催し物案内

【自主事業】夫婦漫才 (出演:大地真央、中村梅雀 ほか)

2018年4月17日公開

原作:豊川悦司
演出:ラサール石井
脚本:池田テツヒロ

出演:
大地真央、中村梅雀
川﨑麻世、村上ショージ、竹内都子、上杉祥三
野添義弘、福本伸一、弘中麻紀、未沙のえる、南翔太
吉沢京子、正司花江 ほか


◆公演紹介
ノブコとノブロウはどこか僕にとって理想の夫婦だ −原作:豊川悦司−

“日本最高のコメディエンヌ”大地真央と、幅広い役を硬軟自在に演じ分ける中村梅雀。
観る者すべてに元気をくれる、至上最強のおもろい夫婦が誕生しました!

戦後の貧困にあえぐ時代…そして高度成長期へ。
昭和の懐かしい曲が流れる中、時代に奔走されながらも笑いを忘れず、立ち向かう信子と伸郎夫婦。
最後まで互いを思いやり、添い遂げた夫婦の涙と笑いたっぷりの物語。
どうぞお見逃しなく!


◆あらすじ
“あんたの横にはいつもうちがおる だから行こう、一緒に行こう”
大阪の長屋で、まるで兄妹のように育ってきた信子(大地真央)と伸郎(中村梅雀)。

器量よしで美人な信子と、ぱっとしない伸郎の、“のぶ”コンビは長屋の人気者だったが、ついに伸郎に赤紙が届く。
戦後、夫婦となり3人の子宝に恵まれたが、定職にもつかずふらふらしている伸郎に信子は腹を立て、毎晩長屋に響きわたるは夫婦喧嘩の声。

ところが、この喧嘩が掛け合い漫才のようで面白いと評判を呼び、プロの漫才師としてデビューすることになる。
家族を、長屋の人々を、お客さんを笑顔にすることが皆を幸せにすることだと仕事に打ち込む二人だが、突然悲劇はやってきて…。

戦後、貧困、高度成長、テレビ黄金期、漫才ブーム。
激動の昭和から現代を、夫と家族を支えながら、前向きかつ豪快に突き進む信子。
伸郎と共に二人手を取り、夫婦で歩む笑いと涙の珍道中の行く先は…。


----------
協賛:新生ビル管理(株)
----------

※スマートフォンから「インターネット予約・空席確認」を確認することは出来ませんので、ご了承ください。
 お手数ですが、ページ最下部のダウンロード「大ホール座席図」をご覧ください。
(空き状況についてはお電話にてお問い合わせください)

※当日は駐車場の混雑が予想されます。
 満車の際は近隣の市営・民間駐車場のご利用をお願いいたします。
 また、お越しの際は時間に余裕をみて、お早めにお出かけください。

※夫婦漫才公演・Facebookページ
https://www.facebook.com/events/1645318775552132/

11/7(水)一般発売

詳細情報

開催日程 2019年3月3日(日)
開場 午後1:15
開演 午後2:00
会場 大ホール
料金 全席指定 
 S席    8,000円(当日 8,500円)
 S席友の会 7,200円(当日 8,500円)
 A席    7,000円(当日 7,500円)
プレイガイド 一関文化センター   0191-21-2121  ほか
さとう屋楽器店    0191-23-2262
小原書店(大東町)  0191-75-3151
コープコルザ一関   0191-26-3331
コープ水沢アテルイ  0197-51-0088
ローソンチケット Lコード 22338  ※2/19(火)まで取り扱い
チケットぴあ   Pコード 486-047 ※2/19(火)まで取り扱い
e+(イープラス) http://eplus.jp  ※2/19(火)まで取り扱い

※11/7(水)前売券発売開始
 当センターでの発売時間は以下のとおりとなります。
 ①来  館:8時30分〜
 ②電話予約:9時00分〜
 ③インターネット予約:10時00分〜
  ※インターネット予約は会員登録(無料)が必要です

一関文化センター友の会優先予約日は11/6(火)となります。
関連サイト インターネット空席確認 ※スマートフォンからはご覧いただけません
ダウンロード

催し物一覧へ戻る

お問い合せ先

〒021-0884 一関市大手町2-16
TEL 0191-21-2121
FAX 0191-21-5436